【英語】「人に〜させる」使役動詞 5パターン使い分け

フレーズ 英語

今回の表現

「~をさせる」「~してもらう」表現です。

  1. have
  2. let
  3. make
  4. got to
  5. force

例文

I had my mother made dinner.
母に夕食を作ってもらった。
 
I don’t let my son play video games for more than 3 hours a day
息子に1日3時間以上ビデオゲームをさせない
 
I made my father clean my room.
私は父に私の部屋を掃除させました。
 
The doctor got Jim to stop drinking
医者はジムの飲酒を止めさせました。
 
I forced him to imitate a deer.
私は彼に鹿のモノマネをさせました。
 

解説

基本的な意味はどれも一緒ですが、ニュアンスが異なります。

haveは「誰かに~をしてもらう」
letは「~することを許す」
makeは「~させる」 haveよりも強制感が強い印象です。
get  toは「~なんとかしてさせる」「~説得してさせる」
forceは「強制的する」

といったニュアンスが含まれます。 

フォーマルな表現

フォーマルな場面では、got to、forceの使用は避けたほうがよいでしょう。forceは言わずもがなですね。

日常での例として、

He is not at his desk at the moment. Should I have him call you back?
彼は今席を外しております。折り返しお電話させましょうか?
 
 

 

haveやgetなどは様々な意味を持つ単語なので、慣れていないとリスニングの時に迷ってしまいますよね、、、
日常で使用頻度の高い表現ですので、しっかり覚えておきましょう!

人気記事 無料体験から始めよう!おすすめオンライン英会話を徹底比較!